241)ナスの巨木ができるはずが・・・ピンチ!

10日くらい前に久しぶりでまともな雨が降ったと思ったら、そのせいではないと思うのですが、ナスの木に異変がー。葉っぱが萎れてきました。ウチのだけじゃなくて、あっちもこっちもです。だからといって安心はできないのですが、何故か安心してしまうのはなぜでしょうか。


b0029010_22385236.jpgこれです!3日ほどしてだめになった葉っぱは役に立たないので切り落としてしまうと


b0029010_2240654.jpg丸坊主、トホホ。


b0029010_22421567.jpgまだ無事なところもあるのですがー。JAの方に聞くと「半身萎凋病」(変換したら阪神胃腸病だって。どおりで今年は勝てないと思ったー)土の中の菌が出てきたとかで、すでに住んでいるらしい。土壌消毒を徹底的にやらないとだめで、今年はもう間に合わないからまた来年、だって。進行が止まるくらいで復活は無い、・・・トホホ。せっかくいままで順調だったのに。でも6本の木から今日までに立派なナスが111個採れました。苗代は充分取り戻してあるのでこれからはおまけです。ベンレート水和剤とかいうのがいいそうですが、私は無農薬主義だから複雑です。
みなさんのナス様はどうでしょうか。これから土壌消毒をして新しい苗を植えてみるというのもあり、でしょうか。酢を薄めて吹きかけたら止まったような気がするのは錯覚かな。

(なすの半身萎凋病に関してのベンレート水和剤の使用方法引用) 
  500倍 定植後~収穫14日前まで 3回以内 1株当り200~300ml土壌灌注 4回以内
       (種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
  1000倍 1株当り400~600ml土壌灌注   

定植後実が出来ないうちと、あとは冬期に土壌消毒する方法とがあるようです。なんだか怖いですね。苗を作る農家ですでに感染していることもあるそうで、接ぎ木でも安心できないとか。



b0029010_22551395.jpg掘り残しのジャガイモ「ワセシロ」を収穫したら、イモにまたイモができてしまってやっぱり掘る時期というものがありますね。虫にも齧られたりしていました。ネズミだという説もありです。イモ自体はとても大きく育っていました。


b0029010_225829.jpgジャガイモを使ってポテトチップスとコロッケを作りました。ポテチは売ってるのにそっくりでしょ。でも自分で作ったほうがずっとおいしいです。


b0029010_2304871.jpgトウモロコシも初収穫。あと一週間くらいおいたほうがいいかな。おいしいけど完熟一歩手前という気がしました。


b0029010_2363656.jpg自分で好きなものをかけて食べましょう。
[PR]
by mikeblog | 2007-07-08 23:07 | Comments(22)
Commented by うらべに at 2007-07-09 05:34 x
2年続きでカラスにやられ、今年はトウモロコシがありません。(涙)土壌改良・・・我が家の前はコンニャク畑で本格的土壌改良を毎年やってから作付けしていますが、すごく危険な農薬を使うとか・・・考えますね。
Commented by mintbox1 at 2007-07-09 09:01
111個ものナスが収穫できたんだもの上等ですよー。
農薬は考えちゃいますね。熱湯をかけて消毒…なんてのはダメかしら?
何年も同じ畑を使っていると、どうしてもそういう障害がでてきてしまい
ますね。農薬を全く使わないのが良いのか、たとえ使ったとしてもどんな
農薬を何回使ったか自分で把握できるぶん、買ってきた野菜よりマシと
思うほうが良いのか…。う~ん、考えどころですね。
Commented by hatake-garden at 2007-07-09 11:08
ナス、病気は残念ですが、素晴らしい収穫です! うちのナスは隣のミニトマトに圧倒されたのか 発育不良です・・・。『うどんこつよし』君もここにきてうどんこになってますし・・・。トホホ
と、いろんなものがたくさんとれて羨ましいかぎりです!ポテトチップ、美味しさは売ってるの以上ですよね!! とうもろこしもお写真見てすっごく食べたくなりましたっ!
Commented by Q左衛門 at 2007-07-09 14:35 x
ナスは一人当たり一本作れと聞いたようなことが(?)間違っているかも
私は2人家族で3本植えました。全然たりません。だから、間違い?
普通、秋に切り詰めて再生をするものですよね。そして秋茄子が収獲できる筈。半身萎凋病・・・始めて聞きました。
Commented by unionsquarepotter at 2007-07-09 14:39
いただきますっ!
なにをかけて食べようかな、、、
ん〜なんにもかけないで、自然の美味しさ
そのまま味わいたいなっ♪
野菜を育てるということは、本当に大変なことですね。
ありがたく感謝の気持ちでいただきます。
Commented by shogame2 at 2007-07-09 15:06
あっ! このナスの状態は、うちの去年のナスに似ています。
ワタシも枯れてしなびた葉を切り落としたのですが、細々と生きているといった感じで結局実は成りませんでした。
でもココまでの収穫で、もう充分に今年の役目は果たした感じもします、が 作っている人はやっぱりガッカリですよね。
ウチは古い畑での病気だったので、そのまま後は野となれ山となれでした。こういうのって、お薬無しで天地返しとか、有機の土壌改良材とかでナンとかなら無いモノでしょうか。今さら農薬使いたくないですよね。
Commented by ふぅ at 2007-07-09 16:34 x
ミケさん こんにちは。
ナス、残念ですね。。。でも、6本で111本はすごい!です〜。
それでも、秋ナスとか、食べたいですよね。
土壌の問題、難しいですね…(^^;

それにしても、おいしそうな……♪
トウモロコシもう収穫なんですね。
わが家のは背丈が30センチほどです(笑)。
Commented by tiny_zucky at 2007-07-09 20:09
わー!私も記事にしょうと思って写真を撮ったばかりです。症状は同じ、収穫も今までバカスカなりまして冷蔵庫満タンの状態ですが・・・ミケさん、ちゃんと採れた本数を数えてるところがすばらしい。
この病気、移るんですよ~。ほっといたら元気だったやつもいきなりノックダウンされました。私のナスは今年全部接木なのになんで??と途方に暮れます。一応全部切り戻しして、HB101で元気つけて!って看病してますが、ほんとは抜いて焼却しなくちゃいけないんですよね。
でもがっかりしてたら、隣りの畑の人から秋なす用の苗を3本いただくことができました。ラッキー♪まだ葉が4枚しかありません。先は長いです。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 21:33
>うらべにさんこんばんは。
こんにゃく農家でも消毒をしているんですね。考えてみればあまりにきれいに揃ってスクスク育つなんておかしいですものね。虫でも菌でも耐性ができてますます危険度アップなんて中国の野菜どころではありません。最近はオルトランは効かなくなってもうこれはだめだ、なんてあちこちで聞きますし、うーん、考えさせられます。
トウモロコシ、だめだったんですか・・・。まだ虫にやられたくらいだったらガマンですね。動物除けネットを張る時はすでに受粉が済んでいたら雄花は切り落として丈を低くしてからネットを掛けるといいそうです(田舎の山の畑の話です)
Commented by mikeblog at 2007-07-09 21:39
> mintbox1さんこんばんは。
あまり本格的にやると農家になってしまいますよねー。無農薬だからこそいいのであって化学肥料も極力避けているのにいまさらもったいないです。よく見るんですが、ナスの間にマリーゴールドを植えてあるの、今度はあれをやってみましょう。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 21:51
>shogame2さんこんばんは。
やっぱり同じ状態になったんですね、みなさんに言われてすごく安心しています。今までにたくさん収穫があったことだしあとはおまけと思ってこれからも怖い農薬は使いません。他にも野菜はいろいろあることだし、と言いながらも300個を目指していたのに・・・ガクッ  (みんな同じだし、あちこちのナスがかなり罹っている病気なので仲間が多くて見るとついニコニコしてしまう今日この頃です。)
Commented by mikeblog at 2007-07-09 22:31
>ふぅさんこんばんは。
みなさんに慰めていただいてますます無農薬で行くぞ!と思っています。まだ梅雨明けもしないのに切り戻したりして2本は完全にダメでしょうね。野菜作りは楽しいけど難しいんだなぁと改めて思いました。
トウモロコシはいつもはジャガイモの後に播いたのですが、今年は早めに播いてみました。虫が入ってしまったのもありますがなんとか食べられてよかったです。
最近は背が低い品種もあるそうですね。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 22:42
> tiny_zuckyさんこんばんは。
今年はナスを巨木にしようと思っていたので、収穫した数をカレンダーに書いていたのです。巨木は残念でしたが、これからも数えてみます。
あまり状態がひどくならないようにと願っています。いろいろあるからこそ家庭菜園は楽しいんでしょうね。
まだ葉が4枚?じゃこれから植えても大丈夫ですね。2本くらい植えてみようかなぁ。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 22:55
>hatake-gardenさんこんばんは。
ナスは残念ですがまるきりゼロになったわけではないので残りに期待して・・・。うどんこつよし君もやっぱり少しはうどんこ病に」なるんですね。うちでもウリ類にうどん粉病が少し出てきたので葉っぱを切っています。かぼちゃもなるし、それが普通なんでしょうね。農薬はやっぱり無理がありますよね。出荷するわけでもないので元手はかけたくありません。自然が一番です。
ポテチはhatake-gardenさんのところで見てヨダレがー。もうすぐに作りました。自家製がいちばん!もっと薄く切れるように包丁を研いでからまた作ります。家族にも好評でした。どうもありがとうねー。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 23:05
> Q左衛門さんこんばんは。
ひとりに1本では足りませんよね。だってナスは食べ方もいろいろあってとても便利ですからたくさん食べたいですよね。漬けておくのも必要ですし、よそに上げる分も欲しいです。一人3本かな?ナスの「病気は他にもありますが木がダメになるので半身萎凋病がいちばん困るでしょうね。
萎縮して凋落、というすごい名前です。言い得ていますよね、なんて感心してる場合ではないんですがー。
Commented by mikeblog at 2007-07-09 23:11
>unionsquarepotterさんこんばんは。
一品づつ盛るよりも豪華?に野菜の盛り合わせがラクチンです。洗いものも減るし、見た目も豪華だし。かけるものに迷う時は冷やしラーメンの素をかけたりしています。冷シャブ風ですね。でもそのまま食べてもおいしいですよね。
Commented by midori-net21 at 2007-07-10 09:00
ミケさん こんにちは。6本のナスから111個の収穫! 立派なもんですねぇ。感心しています。「半身萎凋病」とは、私は今のところ経験していませんけど、無農薬栽培愛好者がネットでつながって情報交換してーーいい方法見つけたいものですね。う〜む。(はたけ番@緑ネット)
Commented by mikeblog at 2007-07-10 13:54
>はたけ番さんこんにちは。
今日も畑で仲間の方と「うちも!」「うちも!」と同病相哀れむの図が展開されました。植えたあとでなくて冬の間に何か害の少ない消毒剤で土を鍛えておく、というのがいいような気がします。まだ半年以上先のことですから、いづれ、そのうち、おいおい、ゆっくりと対策を考えましょう。
Commented by mori_papa at 2007-07-11 14:12
茄子は残念でしたね。土中にある病気だと厄介ですね。
でも111個の収穫はすごいです。
農薬を難しい問題ですね。使わないのが一番ですが、
家庭菜園のようなせまい土地で、たくさんを収穫しようと思うと、
いろいろ問題も出るものですね。
Commented by mikeblog at 2007-07-12 22:58
> mori_papaさんこんばんは。
ご心配有難うございます。ナスはかなりダメージを受けていますが、今はまだ全滅という訳ではなくて3本はかなり元気で働いています。記録を延ばして124個になりました。最近はよその畑のナスばかり目に付きますが、元気モリモリのを見ると尊敬してしまいますね。そしてうちよりもっと悲惨なのを見ると、私まで萎れそうです。ナスはさておき、曇りや雨の梅雨らしい日が続いているせいか、うどんこ病が出てきました。こちらはまだおかげさまで持ちこたえております。失敗してもそれがまた楽しいのかもー。あまり完璧に出来ないほうが仲間に安心感を与えていいのかもしれませんよ。
Commented by 菜園 at 2007-07-12 23:13 x
こんばんは、菜園です。

なすの病気困りましたね。

収穫後に出来ることとして、農薬を使わない場合

①客土する、②太陽熱で消毒、③EM菌を使うなどはいかがでしょうか

一度でも農薬使うと、無農薬とは言えなくなっちゃうから使いたくないですよね。
出来るだけのことをして、天に任せましょうか。
Commented by mikeblog at 2007-07-14 10:11
> 菜園 さんこんにちは。
ご助言ありがとうございます! ①は仲間が同じ意見で、天地返しがいいのではないかと言っています。冬の仕事でしょうか。
②はこれも今は雨ばかりですからちょっとー。③は例のEMボカシ肥でしょうか。これはすぐにできますね。畑仲間は今できることとして木酢液をかけてみたとかです。私も酢を薄めてかけてみました。

結論として、冬の間にナスの場所を決めて天地返しをして、EMボカシ肥や木酢液などを撒き、太陽に良く当てる、そして植える前には早くから透明マルチをして地温を上げて病害虫を殺す、接ぎ木の苗を植える、と、こんなものでしょうか。とにかく無農薬にこだわっているので天とナス本人に任せましょう(笑)
<< 242)きのこシーズン到来? 240)トマトあれこれ >>