<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

765)夏野菜の畑。

畑は夏野菜に変わりました。定植した時に水遣りをしただけですが何とか育っているのが健気です。雨が降らないので畑はかなり乾いてしまっていますが、梅雨入り間近かの予報ですので心配は要らないと思います。


b0029010_23405222.jpg 強風の心配もなくなったので行灯や風除けネットも全部外しました。カボチャ類などは長く行灯をしていると苗が間伸びしてひ弱になるようで、最初から行灯をしないでそのままで育てていると蔓は伸びないのですが全体がガッチリと丈夫に育っているようです。


b0029010_2347460.jpg 早生のタマネギは茎がすっかり倒れたので収穫できます。晩生がたくさんあるので早生種は葉タマネギのうちからせっせと食べていました。これと言って野菜の収穫が無い時期にタマネギは大変役に立ってくれました。


b0029010_23473951.jpg 百均で買った種でとてもよく出来ている夏大根です。税込み108円で2袋買えるので大根と人参を蒔きました。大根は小さいうちから大根おろしに重宝で葉もちゃんと食べられます。


b0029010_23551764.jpg苗は買わず種蒔きから始まったキュウリはようやく花が咲くかな、という段階です。最初の実が採れる頃に次の種蒔きをします。ナスは苗を買いましたが今年も千両2号で、他には巾着ナスというのも2本植えてみました。


b0029010_013419.jpg トマトも苗を購入しましたがアイコの赤いのと黄色いのです。大玉は麗夏の苗を見つけたので2本植えました。もう一段目の実が大きくなってきました。黄色の大玉も苗があったらほしいところです。福寿と黄寿という赤と黄色の大玉の苗もあるはず。遅い時期に出ることがあるのでまたHCを覗いてみましょう。夏は何といってもトマトですよね。


b0029010_0105095.jpgサツマイモのそのまま植えというのが初夏号のやさい畑で紹介されていました。蔓を挿さずに芋をそのままジャガイモのように植えるという方法です。長芋だって里芋だって芋を植えるのですからサツマイモだって育つという説です。早速土を盛ったところに芽が出かかっているサツマイモを埋めておきました。畑の残渣を乗せて乾燥を防いでいます。これでサツマイモができるかな、どうかなー。


b0029010_0172290.jpg宮ネギの種が土にこぼれているので秋蒔き用に収穫。去年の秋に蒔いた苗はもう定植時期ですがタマネギの場所が空くまで待機中です。他にも食用ほおずき、エンツァイ、モロヘイヤ、アマランサス、ゴーヤなど実生の苗や育てた苗をどこかに植えなくてはー。雨がしっかり降ってからですね。


b0029010_027494.jpg暑い日が多くなったので扇風機を出してきました。早速真ん前に行って寝ている五ーちゃんです。猫と言えば用事が無いと鳴かないとか言います。確かに畑友のところの7匹の猫たちはあまり鳴きません。猫の家族と人間の家族が同居しているので猫は猫同士で通じ合っているのでしょう。ウチは五ーちゃん一匹だけなので何かとよく鳴きます。家から出たり入ったりの時、何かを要求する時、よその猫との喧嘩の時、かなりおしゃべりな猫です。そういえば畑に来るカラスもいろいろな鳴き声をしています。歩き方も普通に右左右左と前に歩くカラスも居ればスキップしたりギャロップで移動したりするのも居てなかなか愉快です。カラスはいたずら者なので豆を蒔いたら要注意ですね。
[PR]
by mikeblog | 2016-05-27 00:42 | Comments(8)

764)ヤマツツジ満開。

平地でサツキが咲くと山ではヤマツツジが満開になっているのが例年のことなのでお天気もいいし、ツツジを見に行って来ました。今年は暖かいので何の花でも咲くのが早くなっていますね。


b0029010_2242405.jpg花見ヶ原キャンプ場です。(標高は1300mくらいから)登る山道の途中にもきれいに咲いたヤマツツジがたくさんあってこれがほんとの花見ヶ原です。


b0029010_2245866.jpgちょうど見ごろです。


b0029010_22461281.jpg子供の頃、ヤマツツジの花は食べられると聞いていました。食べてみましたが酸っぱかったです。食べられる花のハシリだったかな。


b0029010_22472770.jpgこのまま登ると赤城連峰の黒檜山に行きます。下って来た方に山の状態をお聞きすると、お天気がいいので見晴らし最高、花も咲いていて今日は良かった、と。たぶん小沼ではシロヤシオが咲いているのでしょう。


b0029010_22524853.jpgそのシロヤシオはここではもう散り始めていて木の下は花弁がいっぱいです。これもまたきれいです。


b0029010_22545973.jpgムラサキツツジもあります。これはもう終わり際でヤマツツジはまだ蕾のものがたくさんありました。きれいだねー! とあっちを見たりこっちを見たりしながら林間歩道を周ってキャンプ場に戻ります。


b0029010_22595962.jpg熊は基本的に昼間は出歩かないようなのですが帰ってから聞くと、この日秋田県でタケノコ採りに行った方が熊に襲われたとか。もともと山は熊の本拠地で人間は不法侵入のようなものですから遭わないに越したことはありません。出てこないでねー。


b0029010_23719100.jpg村の水源地に山ブキがたくさんありますがフェンスの中で採れません。


b0029010_2391092.jpg帰りに道の駅くろほねやまびこに寄って買ってきたフキを早速煮て食べました。今日の山のお土産ですね。
もっと高いところではヤマツツジはまだこれからです。ヤマツツジの偵察でしたー。
[PR]
by mikeblog | 2016-05-22 23:21 | Comments(6)

763)猫たち。



b0029010_061223.jpg
花の前に鉢から地植えにしたらのびのびと満開のクレマチス。やっぱり地球に繋がっているのが一番です。


b0029010_23392162.jpg畑友のにゃんこ。目が青いから空ちゃん。


b0029010_23402446.jpgこちらも目が青いから青ちゃん、2匹合わせて「青い空」だって。


b0029010_23425875.jpg目つきが悪い五ーちゃんです。


畑はナス、トマト、キュウリ、ピーマンに支柱を立てました。落花生、トウモロコシの苗が出来て10本くらいづつ植えました。ユウガオやカボチャ類は育った苗を植えっ放し。スイカは一本、まだ行灯を掛けたままですが蔓は伸びているので外さなくては。あとはゴーヤ、アマランサス、エンサイ、モロヘイヤなどの場所を決めて実生の苗を拾い集めて植えます。オクラもたくさん発芽してきました。これからは暑くなるので野菜はどんどん育つでしょう。
ウリハムシが出てきました。殺虫剤を使わずになにかいい退治方はないものでしょうか。
[PR]
by mikeblog | 2016-05-21 00:01 | Comments(4)

762)わらび!

幾日か前の事、スーパーに行くとお得品の台に何やらダンボールが重ねてあるので近づいて見たら中身は「わらび」です。それも1kg入りで100円! 前日の売れ残りがまだ何とかなるうちに売ってしまおうという訳でしょうが、とてもいいワラビで何とも安いです。即、2箱買いました。


b0029010_2226755.jpg
 季節のたより 越後雪国山菜「わらび」えちご上越農業協同組合。なんだか田舎のわらびを思い出しますね。


b0029010_22284678.jpgよく揃っています。たぶん山にわらび畑があるのでしょうね。よく群馬まで来てくれました。わらびはこちらにもありますが今年はまだ採りに行っていません。わらびというのは桜の花が咲く頃から出ます。そして採れば採るほど出てきます。ホダを広げて胞子をまき散らすまで次々に出てきます。だから同じところに何回も採りに行きました。


b0029010_22345839.jpg子供の遊びで山に行ってはせっせとワラビを採って来るのでバケツにいくつもあく抜きをしていましたっけ。量が多いので私も昔のようにバケツにワラビを入れて灰(田舎から畑用にもらってきてある)を振りかけ、そこに熱湯をひたひたに注ぎます。


b0029010_2239618.jpg蓋などでワラビが浸かっているように軽い重しをして一晩そのままおきます。


b0029010_22422755.jpg翌日はアクが出て水が真っ黒です。


b0029010_22432618.jpgこれをきれいに洗い流します。まだアクが出るので水を替えましょう。


b0029010_2244582.jpgとにかく2kgありますから食べ放題ですがそんなに長保ちはしないので毎日わらびです。まずは定番の卵とじ。採れている絹サヤと庭に出ている三つ葉です。これはおいしいですよ。


b0029010_22475793.jpgおしたしは普通にお醤油と鰹節で。お味噌汁もおいしいです。黒いのはいただいた細いフキで葉も入れてキャラブキを作りました。ワラビにフキ、季節の味ですね。
わらびの箱には地方の新聞「上越タイムス」(田舎には「大糸タイムス」があったっけ)が乗せてありましたがナント2015年11月13日の金曜日。せめてワラビの時期に近い日の新聞がいいなぁ。そして美味しい食べ方として、煮つけ、ひたしもの、ワサビじょうゆ、マヨネーズあえ、煮びたし、ひや汁、白和え、からしあえ、ピーナッツあえ、クルミあえ、酢の物、磯まき、汁ものの実 などと書いてありました。とにかく毎日食べて食べ切りました。あとね、生のまま塩漬けにして保存して置くというのもあるんです。塩出しはお湯で茹でるのですがアクが一緒に抜けます。あまりしっかりと塩を抜いてしまうと不思議と味もボケて悪くなるのでほんの少し塩味が残るくらいに塩出しするのがコツですね。
毎日おいしくいただきましたー。ありがとうございました。
[PR]
by mikeblog | 2016-05-12 23:04 | Comments(8)

761)袋ゴボウ再び。

去年は作らなかった袋ゴボウですが今年は残渣置き場に土が出来たのでその土を外に出すついでに土に肥料を追加して袋ゴボウを作りました。


b0029010_1845095.jpg底を抜いた袋をこんな感じで立てます。倒れないように支柱を立てて置きましょう。短い種類のゴボウを蒔きましたが50cmと言いながらもっと長くなるので若いうちから抜き採ってもよさそうです。


b0029010_1882640.jpg早くも発芽しました。ひと袋で6、7本くらいとすると、3袋あるので無理して20本くらい採れるでしょうか。掘る労力が要らないので家庭菜園で気楽にできます。作られたことが無い方はお試しください。
[PR]
by mikeblog | 2016-05-07 18:16 | Comments(12)

760)GWの畑。

GW真っ只中、と言ってもいつも日曜日の歳になると何ら変わるところもありません。何も無い事が一番です。何も無いから畑も行けるし苗など植えてまた次の予定も立てられます。
GW中の事件と言えば五ーちゃんが久しぶりで病院に行ったことです。朝から吐いたりして体調が悪く一日中引きこもり状態で出て来なくなってしまいました。病院に電話をしてみたところ「連休中は一応休診ですが急患はPM4時から5時まで受け付けます」と言われ洗濯ネットに入れて連れて行きました。この時期だからどこかで消毒でもしていたのか、症状から見て間違いないと思っていたのですが先生の診たてと意見が一致して(私も長年の猫との付き合いで詳しくなったもんだわい)毒消しの点滴をしていただいて帰りました。その後すぐに体調が良くなり声も出なかったのがニャ~~と鳴くようになってふらつきも治りすぐに現役復帰です。5月5日が15歳の誕生日です。かなりのお爺ちゃん猫ですがまだ大丈夫そうです。
次に笑ったことと驚いたこと。引き出しに2,0の老眼鏡があったので(100均で買ったのかな)それを掛けて鏡を見たところが、あらまあ! 普通に見ていたら全然見えないのにヒゲが生えてる! それも白髪です。ツンツンと何本も見えます。誰かにバレていなかったかな? という訳で髭剃りをしました。五-ちゃんも爺様だけど私も婆さんだったのです。タハハハ。


b0029010_23231182.jpg



b0029010_2339566.jpg畑はナス、トマト、ピーマン、キュウリ、ユウガオ、コリンキー、スイカ、スクナカボチャ、ソーメンカボチャなど植えました。ポットで作ったキャベツの苗を植えて芽出しをした里芋も植え、袋にゴボウの種蒔きもしてオクラの種も蒔きました。あとは縁側のポットで作っている苗が出来たら順に植えて夏野菜に変わります。(エンサイ、食用ほおずき、ゴーヤ、モロヘイヤなど)


b0029010_2341426.jpgみどりの日の柿若葉。


b0029010_23431160.jpg
ウチの満開のナニワイバラ。今日の事ですが町の山野草展に行って見たらナニワイバラの木がありました。蔓ではなくて木です。こんな仕立て方もあるんだなぁと見てきました。


今日4日は気温がどんどん上がり館林は31、6℃になったとか。5月から真夏とは敵いません。
それでも昨夜は雨が降ってくれたので畑に植えた苗が助かりました。
畑仕事も暑くなると大変になります。熱中し過ぎるから熱中症などと冗談を言っていられません。
体調に気を付けて働きましょう。






[PR]
by mikeblog | 2016-05-04 23:54 | Comments(6)