731)冬らしからぬ畑。

12月半ばというのに暖かいし雨もよく降ったので畑が賑やかです。野菜はみんな元気よく大きくなっています。上州名物の空っ風もあまり吹かず土埃もたちません。こんな年は初めてです。それでも天気予報のとおりここに来て冬らしく寒くなりました。畑はようやく冬本番です。


b0029010_23213536.jpg白菜は「きらぼし85」です。蒔いてから85日で完成するということですがまだしっかり結球していません。数だけはあるのですが。これも暖かだったせいでしょうか。話では白菜が育ちすぎて出荷しても安くなってしまい利益が無いのでそのまま耕耘機で踏みつぶしているところもあるとか、もったいない話ですが天候に左右される農業の難しいところです。折角出来たものを廃棄しなければならないとはどんなに残念なことでしょう。
巻いていない白菜の横にはこれも種を蒔いたロマネスコがまだ花蕾が小さいまま並んでいます。並んで植えてあるキャベツも半分結球が始まったところです。未完成品ばかりが元気よく並んでいます。


b0029010_23223773.jpgのらぼう菜はもう春が来たと思ったのか芯が伸び出して採って食べています。


b0029010_23244920.jpgのらぼう菜の手前にあるのがコレですが交配したようで大きい一株です。そのうちに芯が立ってきて何か花が咲くと思うのでそのままにしてあります。去年は水菜と紅菜苔の交配したようなものができたのですが今年は何でしょう。


b0029010_23294762.jpgさすがに枯れてきたので残っているトマトを採って片づけました。味はあまり良くありませんが陽の当たる所に置いて追熟中です。ちょっと彩りになるかなー、と。


あとはホウレンソウやチンゲンサイなど葉物が採れます。長ネギの葉が白くなっていますが今まで雨が多かったからではないかという仲間の意見です。
これからは雑草もあまり生えないし、主に収穫ですが、まだ収穫できない野菜が多く並んでいるウチの畑です。


b0029010_23415357.jpg五ーちゃんは夜になるとこたつの布団の角で丸くなっています。何故か同じ場所がお気に入り。私におつきあいしているのかも。
[PR]
by mikeblog | 2015-12-18 23:47 | Comments(4)
Commented at 2015-12-19 00:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stonehisasi at 2015-12-19 17:02
トマトの追熟ですか、私も真似をしてみます。
大根のそばに蒔いたたこともないおおきな葉のわからないものがはえていて、友達に聞いてみましたがわからないということでした。
大根は穴をほって埋めました。欲張って作りましたが食べきれません、春までもつでしょうかねえ。
Commented by mikeblog at 2015-12-19 21:55
>19日の鍵コメさんこんばんは。
いえいえどういたしまして。役にたって嬉しいです。どうしようかな、と思っていたところで、ソレ!とばかり(笑)種はじゃまにならないところに蒔いてみてくださいね。
Commented by mikeblog at 2015-12-19 22:12
>stonehisasiさんこんばんは。
野菜は交配したものも食べられるしどんなものが出来るのか興味がありますのでそのまま様子を見ています。一番交配するのは大根? 種採りをしたものを蒔いたら長いの短いの丸いのといろいろな形の大根が採れました。下仁田ネギの種の採取地が愛媛県になっていて?と思いましたが交配を避ける意味もあるのかと思います。だから外国産でもいいのかもー。
トマトの青いのは酢漬けにしてカレーの付け合わせにするという話もありますが少しだったらいいかもしれません。他に中玉のトマトが青いままたくさんありますがもったいないなぁと思っています。
大根はそのままで畑に置いても大丈夫だと思いますが花芽ができたら早めに切っておくとス入りが遅くなるようです。春先のトウ立ちしたのは茹でて食べてもおいしいです。この冬は暖冬で1月からまた雨が多いとか予報で言っていました。冬の雨はあまり歓迎できませんよね。
<< 732)これで12月。 730)花オクラの種をさしあげます。 >>