776)ジャガイモのシャドウクイーン

ジャガイモにはいろいろな品種がありますが、シャドウクイーンという外皮も中身も紫色のものや赤い中身のノーザンルビーというのもあって過去には珍しいので 両方とも作ってみたことがありましたが、色が色なのでその時はサラダくらいしか使い道が無くてご無沙汰していました。が、味も忘れたので少し買ってまた試してみました。ノーザンルビーはホクホク感があまりなくてねっとりした感じで、畑友にもあまりおいしいとは言われず不人気です。北アカリ、トウヤ、アンデスレッドなどのホクホク系のジャガイモを食べ慣れていると違和感がありますがサラダ向きかもしれないと思いました。お隣の奥様はピザのトッピングに使ったそうで色が変わっていてよかった、とか。


b0029010_2245164.jpgシャドウクイーンです。蒸したものは紫色がきれいですね。長い形の大きいジャガイモです。ノーザンルビーもサツマイモにも間違われそうな色と形です。


b0029010_22491446.jpgタマネギ、レタス、豚肉を細かく切ったものなどを炒めてから潰したシャドウクイーンとよく捏ねてまとめました。


b0029010_22552561.jpg少し色は薄くなりましたが紫です。これをどうしようかと思ってコロッケにすることにー、色が水色のアジサイみたいです。


b0029010_22575048.jpg中身も紫ですがわりにホクホク系なので色の他は変わり映えしないコロッケです。きれいな紫なのでマッシュポテトとか芋餅とか甘くしてお菓子とかー。紫色が生きる何かを考えましょう。


b0029010_23155450.jpg新鮮なので買ってみた枝豆です。驚いたことに一本の木に莢が115も付いていました。すごい!


[PR]
by mikeblog | 2016-07-22 23:19 | Comments(4)
Commented by buribushi at 2016-07-23 06:17
むらさきや紅いじゃがいも、弟は作っていますが、わが大農園では場所も足りないし、ジャガイモは買うものにしています。
フライドポテトでも、色とりどりは楽しそうです。
コロッケ、ビール付き。見た事の無い銘柄が見えます。
枝豆は早生豆をいま食べていますが、このたくさんついた豆にびっくり。
知人に「枝豆のおばさん」と言われる人がいて、人が束ねて出すのと同じ目方の束にするには裂いて出す、ですって。芽をとめて枝数を増やすんだそうです。
Commented by stonehisasi at 2016-07-23 07:12
私もジャガイモは買うことにしています、たまに北海道の娘が送ってくれるので、間に合います。もっとも作るスペースもありませんが、
北海道のジャガイモはバターをつけて食べるのが好きです。
ミケさんは料理研究家ですね。うらやましい・・・
Commented by mikeblog at 2016-07-23 23:08
> buribushi さんこんばんは。
野菜もいろいろの品種が出ていて試しに作るのも楽しいのですが、ジャガイモは基本的に男爵がなんといっても一番!というお年寄りが多いのです。隣の畑のおじいちゃんも「ジャガイモは男爵だんべ。」と言い切って他の種類は一切作りません。そんな声を聞いたら男爵も大喜びでしょうね。
枝豆の莢の数には驚きました。芯を止めて枝数を増やすということらしいですがなかなか計算通りにはいきませんよね。
このビールは畑友から「静岡の友達が送ってくれたよ。」とおすそ分けしてもらったものですが、最近のニュースで日本全国47都道府県のビールが出ているらしいのです。サッポロビールですね。夏の贈答用でしょうか。群馬県のビールは?とスーパーで探してみたのですが見当たりません。これからもチェックです。
Commented by mikeblog at 2016-07-23 23:29
> stonehisasi さんこんばんは。
掘り立てのジャガイモはレンジでチンして食べるとおいしいですね(^_^)v 北海道はきっとジャガイモ栽培には適しているのでしょう。おいしいジャガイモがいただけますね。
ノーザンルビーはかわいそうに仲間に聞いてもみんなあまりおいしいとは言いません。今日は町のおまつりで炊事係で出たのですが、ジャガイモを薄く切って水に晒しておいてから素揚げにしたポテトチップをビールのつまみに作ってありました。みんなで試食したのですがとてもおいしかったです。晒して澱粉を減らしたということでしょうか。これだったら中身が赤くても紫でもおいしいかもしれません。みんなで何かを作るとそれぞれの家庭のやり方があってへえ~~と思うことが多いですね。
<< 777)関東の梅雨明けはまだ先... 775)梅雨そのもの。 >>