779)土用干し。



b0029010_22333330.jpg今日がほんとの土用干し。それも土曜日です(笑) 梅雨明け宣言があって3日目。朝から快晴のカンカン照りなので漬けてある梅干しを干すことにしました。ついでに紅生姜も。梅干しはいつぞや公園で拾ってきた50粒ほど。大きい梅なので赤紫蘇もたくさん入れて真っ赤にしました。土用の丑の日ですが、うなぎの代わりに梅干しでも食べておきましょう。ウリ類もいいですね。
この入れてある籠ですが友人が土蔵を整理したらいくつか出てきたからとプレゼントしてくれました。地主さんなので籠職人の店子さんが地代を納めに来るときにご挨拶にくれたのだとか。脚が付いた頑丈ないい籠です。その籠やさんはずいぶん前に店じまいして今はもうありません。お店の前に竹の束や細く割いたのが置いてあったのを覚えています。


b0029010_22541968.jpg側に置いてあるメダカの鉢のミズアオイが涼しげです。手前の少し空いているところで猫どもが水を飲みます。メダカは今は入っていません。 畑の長ネギの植え替えをしようと思っているのですがあまりに暑いのでぼちぼちです。
[PR]
by mikeblog | 2016-07-30 23:04 | Comments(6)
Commented by buribushi at 2016-07-31 11:27
土曜日の土用干し、始まりましたね。
足つきの籠、いいですねー。その籠がミケさんちへ来た経緯も面白いです。
孫娘のチエが竹工をやっていて、竹を割って、削って、材料を作って編む。という作業を繰り返しています。手に仕事を持つひとはいいな。
籠やさん止めちゃったですか、残念だなー。
「年貢」という言葉が生きていたころなら、かなり前、ですかねー。
Commented by stonehisasi at 2016-07-31 13:36
土用干しができて、これで一安心ですね、一人になると梅もつけません、去年の焼酎付がまだあります、年中行事が天気で狂うようなことがあると気持ちの上でなんとなく気がかりですよね
孫たちは夏休みを利用して。バリ島へ行っています、明日帰国の予定です。
カメラの充電器が今日届きました、5000円弱でした。
カメラは2008年に購入したものです。

Commented by mikeblog at 2016-07-31 23:59
> buribushi さんこんばんは。
土用干しもですがたまにいいユウガオが採れるので干瓢を作ったりしています。やっぱり梅雨時にはできないことですね。
お孫さんのチエさんは竹細工の職人さんですから昔の籠などにも興味があるでしょうね。今は芸術的な感じのものが多いのですが昔は全てが生活用品でしたからそこにちょっと自分で脚を付けてみたりしたのでしょう。その籠やさんはもう30年以上前に無くなってしまったのですが、そのあたりからプラスチックの容器などが出て来たような気がします。梅干しを入れるのもカメから瓶に変わったしー。チエさんは伝統工芸職人というのかな、昔の良いものを伝えていくという役目を担っているのですね。がんばれ!
Commented by mikeblog at 2016-08-01 12:08
>stonehisasiさんこんばんは。
去年は梅をいただいたので梅ジュースを作りましたがまだそのままです。瓶の中の梅で梅ジャムでも作ろうかと思っています。暑いのに何かをやるのは大変ですがもったいないですからー。
カメラは昔は乾電池でしたが今は充電器なんですよね。何でも充電器になって軽くなりました。
例のポケモンgoですが、今日は公園の外れの竹藪に畑で使う細い竹を採りに行きました。採った竹の束を抱えて公園の中を歩くのはちょっと気が引けるのですが、今日は全然気になりませんでした。公園に来ている人たちはみんなスマホでポケモンを探しているらしく手元を見たままでしたから。こんな田舎の公園にもポケモンが出るらしくびっくりしました。
Commented by shogame2 at 2016-08-01 16:59
他のブログでも土用干しを見ました。
時期なんですね。
それにしてもカゴは立派です。
最近は職人さんもどんどんいなくなってきているようで
ウチでもキャンプで使うニスを塗った「渋うちわ」が神田明神でもう売っていなくてガッカリです。
職人さんがもうお年で廃業するので 入荷しなくなります
って言われたのが2年前で 何処を探しても同じモノは無いです。
良いモノはどんどん無くなりますね。
Commented by mikeblog at 2016-08-01 22:41
> shogame2 さんこんばんは。
土用干しの時期ですね。梅雨が終わってお天気もいいし日も長いし、というのでしょうか。
この籠はとにかく頑丈で長く使えそうです。この頃は丸いザルでいろいろなものを干すのに大中小の3枚組で売っているのがありますがすぐに継ぎ目が抜けたりしてダメになるのが早いですね。それに比べるとかなりいいお値段だと思うのですが壊れる心配が無いくらい丈夫です。昔のことですからいいお師匠さんについて習ったのでしょうね。何でも手で作った時代の名残です。そのうちに資料館などでしか見られなくなってしまうかもー。渋うちわももう無いんですか。蛇の目傘もですが竹の部分がありますね。いまは竹ぼうきの柄もプラスチック?
<< 780)何ですか? 778)28日に関東地方が梅雨... >>