784)故郷の夏ーその2。



b0029010_23172374.jpg何か変わったことはないか、面白いものは無いか家の周りを見て回ります。と、弟が「ここに蜂の巣があるんだよね。」と栗の木のうろを指さします。蜂が出入りしていますよー。キイロスズメバチだそうです。出入りしている穴の側には門番の蜂が居て帰って来る蜂をチェックしているそうです。よその蜂が襲撃してくるかもしれないからー。蜂もなかなか大変ですね。


b0029010_23274770.jpg夕飯が済んで出て行った弟が蜂の巣を獲ってきました。夜は蜂の出入りが無くなるからよく見たらもろくなった木の皮のすぐ下に蜂の巣があったから簡単に獲れた、とか。イヨッ名人! 弟も過去に一回だけ刺されたことがあるそうです。危険だから良い子は絶対に真似しないでね!
蜂ノ子は義妹とピンセットで抜いて、フライパンを借り、炒めてお砂糖とお醤油で味付けしました。これは実家にいた時によくやっていたのでお手の物。途中経過は写真がありますが気持ちが悪くなる方もいらっしゃると思うのでご想像にお任せします。


b0029010_2338258.jpg清酒大雪渓を出してきて食べられる人だけの飲み直しです。田舎の珍味ですね。たまに道の駅などに瓶詰になって出ていることもあります。すっごく高価なんですよ。安心してください。主人もちゃんと食べられます。


b0029010_2349436.jpg蜂の巣はそのままにしておくとどんどん蜂の数が増えてすぐ近くのりんご園に飛んで行って悪さをします。駆除されるのも仕方ないかなー。りんごもかなり出来上がってきていました。


[PR]
by mikeblog | 2016-08-24 00:22 | Comments(10)
Commented by stonehisasi at 2016-08-24 08:48
職場に伊奈の出身の仲間がいて、ジバチの巣をみつけるのが上手で、休みの日に一緒にジバチを取りに行ったものです。蛙の皮をむいて竿につけてジバチの来るのをまちます、ジバチがくると目印の真綿を足にからませてとんで行くのを追っかけて巣を見つけるのです、巣をみつけると手製の黒色火薬を巣の入り口で燃やして眠らせて、巣を掘り出すのでした、名人芸でした。
取った巣から幼虫をピンセットでとりだしてフライパンで炒って食べました。ミケさんと一緒です。美味しかったです、
巣のあったあたは今は住宅地になってしまいまいました。
Commented by buribushi at 2016-08-24 21:57
岐阜県東濃地方にいたことがありますが、あのあたりでも蜂の子を食べます。地面の下に巣作っていたようだから、地蜂?
目印の真綿を見失わないようにかけずり回るのを子どもの時見ました。巣が小さいと持ち帰って地面に埋め、培養?するんだとか。
いまでもやってるのかなーとネットで見たら、蜂の子を通販してて、私のいた土地の名が出て来ました!その土地では蜂の子を「ヘボ」と言ってましたよ。
あー、林檎の木だ。いいなー。秋が深まったら長野へ行こう。
Commented by mikeblog at 2016-08-24 23:43
>stonehisasiさんこんばんは。
蜂の巣獲りは一種の遊びみたいになっていましたね。時々TVでその様子が映されますが蜂を飛ばして野山を駆け回る前にもう蜂の巣が見つかっていることが多かったですね。だから夜討ちをかけて巣を獲って来るだけでした。一番早く見つけた人が獲る権利があるので例えよその家の庭でも構いません。夜になると誰かが「失礼しまーす。」なんて来て獲って行きます。
stonehisasiさんも蜂の巣獲りをされたのですね。私も獲る時は見に行きましたが今ではなかなか見られないいい経験でした。蜂ノ子もですがこの頃は親蜂の焼酎漬けなんていうのもあるらしいです。
Commented by t-haruno at 2016-08-25 15:04
以前、近所のお寺の境内のイチョウの木に
スズメバチが巣を作ってまして、
知らずに通りかかったら、警備のハチに「カチカチ!!」
と、すっごい音で威嚇されましたっけ。
どこからそんな音が?と思うほど、すごい大きな音を出しますよね。
あわてて逃げましたが、あれだけの音で「近寄るんじゃないよ!」と、向こうも教えてくれてるわけですから
親切?
それにしても、弟さん、すごいですね!
スズメバチの巣を取れる人って、世の中に、そんなにいません。すごいすごい。
良い夏休み、良い帰省でしたね。
Commented by shogame2 at 2016-08-25 17:00
さすが名人(?)ですね。
よく刺されずに取れたとビックリです。
子供の頃に祖父が こんなモノを作っていた様に思いますが
おやつに出されて「ちょっと・・・」となった記憶があります(笑)
私は数年前にアシナガバチに刺されたので
今後は気をつけないといけないそうですよ〜。
Commented by mikeblog at 2016-08-25 22:34
> buribushi さんこんばんは。
地蜂のことをヘボというのですよね。安曇野あたりではスガレと言いました。これはよく田んぼの土手などにあってあまり掘ると田圃の水がそこから漏れたりして怒られるので埋め戻しておきました。そうそう、巣がまだ小さかったら必ず女王蜂を探して他の働き蜂も一緒に持ち帰って培養するのです。花火の煙幕で気絶していた蜂が気が付いてまた巣を大きくするために働くのです。健気ですよね。今はスガレもあまりいないそうですよ。
りんごも遅いフジが出来上がる頃は山では初雪が来ています。私もりんごをもらいに行きますよー。
Commented by mikeblog at 2016-08-25 23:04
> t-haruno さんこんばんは。
昔は蜂の巣はあちこちにありました。蜂を刺激しなかったら悪さはしないんだとか。蜂が顎で鳴らす警告音は聞いたら逃げた方がいいですね。カチカチまで聞いたことがあるなんてすごいですね。遠くから石を投げて巣を壊すとすぐに修復するのです。悪い子たちだったー。
蜂ノ子を食べたのは何年振りでしょうか。丁度帰省中にそんなことがあってラッキーでした。
Commented by mikeblog at 2016-08-25 23:15
> shogame2 さんこんばんは。
地蜂は小さいけどスズメバチは蜂の子も大きくて中にはもう飛び立ちそうな一人前の蜂になった大きいのもいますね。アシナガバチだってかなり大きくて怖いです。蜂に刺されると一回目はまあまあですが2回目になるとアナフィラキシー症状とか言ってアレルギーの超ひどいのになるらしいですね。怖い怖い。でも蜂の子はすごく栄養があると言いますね。今はあまり獲れないから珍味でしょうか。
Commented by tiny_zucky at 2016-08-28 22:52
ひょえー!と驚いているのは私だけみたいですね(^^;
キイロスズメバチってあの危険なヤツですよね??
前にウチの庭でアシナガバチが巣を作った時、キイロスズメバチがたった一匹で中の蜂の子をあれよあれよという間に引っ張り出して食べてしまい、アシナガはなすすべなくあっという間に巣が全滅してしまったのを覚えています。
人間ってやっぱり食物連鎖の頂点ですね、そいつをおんなじように食べちゃうんですから(笑)
Commented by mikeblog at 2016-08-29 23:36
> tiny_zucky さんこんばんは。
蜂は小さいのは大きいのに襲撃されるから地蜂なんかは土の中に巣を作るのでしょうね。よその巣を襲撃して食い殺してしまうのだと聞いていますが見たなんてすごいです。大きい蜂が来るとその一匹に群がって窒息死させてしまうとかもー。蜂も営巣場所に注意しないとねー。大きいのも人間が獲ってしまうのですから食物連鎖(食べるとしたら)の頂点にいるのは人間ですね。ウチの近所では今年は蜂の巣騒ぎは無いようですがアシナガバチとかトックリバチがあったのは見たことがあります。そういえばミツバチは人間に守ってもらっているから会社に就職しているようなものでしょうか。
<< 785)蔓上げ。 783)故郷の夏ーその1。 >>