794)秋風の日。

秋野菜の定植の時期です。気温も下がって爽やかな秋風の吹く中で、それぞれの家庭菜園では思い思いの野菜の定植をしています。キャベツ、白菜、(のらぼう菜)掻き菜、青梗菜、水菜、紅菜苔、ター菜、レタス、などは苗を作って移植できるのでうまく出来なかった苗は畑友の所から調達してみんなほぼ同じものを植えつけます。ウチでは青梗菜が発芽が悪くて蒔き直しで小さいので苗をもらう約束です。ター菜は無くてもいいかな、レタスも育たないから誰か頂戴。ウチの掻き菜は大きいよ、誰か植える人はいませんか。紅菜苔もたくさん出てますよー。


b0029010_22445482.jpg今日は少し風があったのでこんな植え方をしました。蔓物の残渣を畝の上に置き、その残渣を掻き分けて苗を植えます。水を遣って乾燥防止と風除けです。植えたばかりの苗はそのままだと風に吹き回されて枯れたり傷んだりしやすいのですが、こうしておくと安心です。左がかなり大きくなったのらぼう菜、右の畝が白菜です。白菜はいつまでもプランターに置くとなかなか大きくならないので早く畑に植えた方がいいようです。これで今年の白菜の定植は終わりです。


b0029010_22551884.jpg最初に植えた早生の白菜はそろそろ巻き始めそうです。


b0029010_22585626.jpg大根の生えなかったところに植えた白菜も育ってきました。残渣を置いて今日植えた白菜も同じプランターに蒔いたのですがずいぶん大きさが違っていますね。


b0029010_23392.jpgおおくら大根です。なんとか育ちそうでやれやれです。危ないので他にも蒔いたのですがまだ発芽したばかりで、早いのと遅いので来年春まで繋がれば嬉しいです。


b0029010_2373427.jpgエンゼルトランペットはずいぶん長く咲き続けています。これから小菊が咲くので畑が賑やかになります。食用菊が採れる頃には家庭菜園の青物野菜も採れるようになってスーパーの野菜の値段も下がることでしょうね。


[PR]
by mikeblog | 2016-10-20 23:14 | Comments(8)
Commented by stonehisasi at 2016-10-21 15:51
弱い苗を植えるのに、蔓を敷いてその間に植えるアイデアなかなかいいですね、
いろいろ工夫参考になります。
スーパーで買った大根でブリ大根を煮ましたが、硬くてながい時間かけても柔らかくなりません。仕方なしに、圧力鍋で煮ました。うちの家庭菜園の大根ではそんなことはないのに、
信濃スイートという林檎を食べてみました。美味しい林檎です。
Commented by buribushi at 2016-10-21 18:23
いろいろ植えて良かったですね。
この植えかた、いいですね、覚えて置いて真似しましょう。
私も白菜が巻き始めました、今年は家の白菜で白菜漬けがたくさん出来ます、嬉しいなあ。
この上のコメントに書いておられますが、家の野菜はすぐ煮えるのに、なかなか柔らかくならない野菜もあります。何の加減でしょう、やっぱり畑は止められませんね。
ミケさんちの菜っ葉ものは多種類ですね。いろいろあると楽しいし安心です。
今日初めて大根を1本抜いて来ました、おろしにしましょう。
Commented by mikeblog at 2016-10-21 22:19
> stonehisasi さんこんばんは。
畝に残渣を置いて植えるのはどこかで読んだことがありましたが昨日は風が強かったので思い出してやってみました。野菜が大きくなったらいつも根元に残渣を置くのですが、早く言えばゴミを野菜の陰に隠すのですね(笑)
スーパーの大根などは収穫してから日が経っているのでスジっぽくなっていたのかもー。やはり採り立てがいちばんですね。
シナノスイートは最近のりんごですね。田中康夫さんが知事の時に名付けたシナノドルチェというのもあります。長野県産のグンマメイゲツとかも(笑)秋映えというのは真っ赤できれいなので皮のまま薄く切って食べます。青物野菜が高価いので野菜代わりですね。
Commented by mikeblog at 2016-10-21 22:37
> buribushi さんこんばんは。
野菜の苗は仲間同士であげたりもらったりで間に合わせています。今日はふたりにのらぼう菜をあげて青梗菜の苗をもらって植えました。青梗菜は私も蒔いたのですが蒔き直したのでまだ小さいのです。
白菜の大きくなるのは早いですね。今年は早生と晩生と植えました。早生は特に大きくなるのが早いです。晩生は来年の春になってトウ立ちしたのを食べるのも楽しみです。そういえば野沢菜を蒔いてなかったのですが去年は失敗したのでどうしようかと考えています。古い種だから?ですが切り漬けに便利なので蒔いておきましょう。畑友が買ったキャベツが美味しくないと言っていました。化学肥料や消毒のためでしょうか。やっぱり畑で作った野菜はおいしいです。自分で作ったという満足感もあるのでしょうね。
Commented by mikeblog at 2016-10-21 22:40
>こんばんは

いろいろとたくさんの野菜を作っていますね。
ミケさんが一人で畑をしているのでしょうか?
すごいですね。
我が家ではほとんど夫がしていますが、なかなか思うように行きません。
たまに良い野菜が採れることもありますが、とても貧弱な野菜もこともあります。
私はできた野菜を採ったり、草むしりを少し手伝うくらいです。
Commented by mikeblog at 2016-10-21 23:02
>咲さんこんばんは。
うっかりしてコメントを消してしまいコピーして元に戻したので咲さんの名前が私の名前になってしまいました。すみません。
畑はご主人の担当なのですね。不思議なことに家庭菜園は二人で出て来てやっているのはまれで必ずどちらか片方です。ウチでは私の担当ですが仲間も奥さんが多いです。二人でうまく連絡していないと奥さんが種蒔きしたところにご主人がまた違う種を蒔いてしまった、なんていう笑い話もあります。ご夫婦で働いているのはプロ農家ですね。畑は全部がよく出来るのはあまり面白くないような、失敗作もあるのが畑友みんなに安心感を与えていいかなー、なんて思います。
Commented by abu71_nomin2 at 2016-10-22 10:13
エンドウ豆類の直蒔き時には、サツマイモの蔓を活用しています。
太くて嵩があるのですが、アチコチの蔓の間から芽が出てくるので、成長期には丁度良い風避けになりますし、あんなにゴワゴワした蔓が、寒くなるにつれいい具合に朽ちていくので、とても利にかなっているなって思います。
Commented by mikeblog at 2016-10-22 21:27
> abu71_nさんこんばんは。
やはり畑の残渣を利用されていらっしゃるのですね。折角畑で採れたのですからビニール袋に入れてゴミに出すなんてもったいないことはしないで利用したいですよね。私もサツマイモを作っていますが葉の軸(芋の手と言うそうです)をキンピラにして食べています。畑友にもあげたりしてかなり食べてしまいました。蔓は残るのでそれを利用します。肝心のサツマイモはまだできているのかどうか見ていません。お芋も出来ていたら食べて芋の手も食べて残るのは蔓ばかり、です。
<< 795)農林公園。 793)急に秋が来ました。 >>