801)菊が満開。

畑にある菊が満開です。菊というのは種で増える種類もあるようで、植えないのに咲いていたりします。花にボリュームがあるものはどれも食べられるようですがウチでは黄色いのを食べています。


b0029010_22534246.jpg真ん中の花が咲き始めたので早速食べ始めました。


b0029010_22545133.jpg甘酢和えがおいしいです。畑友は天ぷらにするのもきれいでいいと言っています。油に菊の香りがついてしまうので菊は最後に揚げましょう。


b0029010_2257745.jpg30年ほど前から作っている盆栽菊(勝手に命名)よく陽が当たると丸くきれいに咲きます。春のサツキ、秋の盆栽菊、ですね。これは花が小さいので見るだけで食べません。


b0029010_2312696.jpgこれは自然に庭に咲いた直径1cm足らずの菊で山野草かも。


b0029010_2343340.jpg知り合いの芸術家?に頼んで作っていただいたカープの優勝記念です。「見守る市民に 応えるカープ」は私のオリジナル。「竹の子の 伸び行く空の広さかな」「人間は よけいなことする生き物だ」「桃源郷は 山のあなたの向こうのあっち」「寂しさは お客の来ないお店です」「観音の佇みおはす苔の上」「葉桜や 平家の公達狐塚」「重力と 遠心力には逆らうな」など多数の迷句や名句を作って石に書きつけています。号は悲天といって 「悲天とは 極楽浄土のその西だ」そうです。


b0029010_2365212.jpg現役時代は高校の国語の先生だったので句に意味があり、石を拾いながら旅をしながら句を作ります。「魚沼の 水無川の石拾う」


b0029010_020295.jpg五ーちゃん平和。
[PR]
by mikeblog | 2016-11-17 00:21 | Comments(6)
Commented by stonehisasi at 2016-11-17 10:59
盆栽菊は花がいっぱいできれいです、
ドーム菊がほしくて通販で探していますが、まだできません、
12月の年の市で見つかるかも、見つかるといいですが、期待して待ちます。
テレビの調子悪くてJCOMですが、チューナーが悪いらしいのですが、今日診てもらいます。
テレビが見られないと全くなにもすることがありません。
柚子が黄色くなりましたにジャムでも作ってみましょう
Commented by buribushi at 2016-11-17 21:06
こっちの食用菊はピンクで、土地によって色が違うのですね。しゃきしゃきして薫りが高くて、菊を食べると秋らしさが深いです。
盆栽菊も、自然咲きも、可愛いなあ!
おっ、カープ優勝記念碑出来ましたね^^やったー^^
五ーちゃんもおまく(枕)してねんねですね。
Commented by mikeblog at 2016-11-17 22:15
> stonehisasi さんこんばんは。
秋はやっぱり菊ですよね。それにしても大変な数の種類があって菊花展などに行くと苗も売っています。いい種類の菊はうまく育てられないので見るだけにしています。小菊はあまり手をかけなくてもそれなりに咲いてくれるので楽ですね。
TVといえば故障して見られない時など他に何もすることが無くて落ち着きません。毎日見続けているのに故障も少なくてすごいことですよね。早く直りますように。
Commented by mikeblog at 2016-11-17 23:15
> buribushi さんこんばんは。
食用菊といえばモッテノホカが有名ですがピンクと黄色がありますね。ちょっと花にボリュームが無いので食べでが無いような気がして作っていません。黄色の菊はきれいだし、菊って健康にもいいような気がしますね。
カープ、へへへです。よかったなぁ。
五-ちゃん寝てばっかりです。
Commented by t-haruno at 2016-11-18 14:44
石を拾いながら旅をする。
オリジナリティ溢れる旅ですね。興味深いです。
でも、↑のカープのお祝いの碑の石は、拾って帰ったものではないですよね・・・・・?
それとも、写真では大きな石に見えていますが
実際は掌サイズとか。
高校の国語の先生でいらっしゃいましたか。
「非天」。「非」という文字が入りますが
悲しいという意味ではなく、なにか清らかなとか
穏やかなとか、そういうニュアンスなのでしょうか?
極楽浄土の西ですし。

Commented by mikeblog at 2016-11-18 23:14
> t-haruno さんこんばんは。
この石は手のひらよりまだ小さい石で、そこに句?を書いてあるのですがどれもちゃんと同じ字が書けているのです。私だったら書くたびに違う字が書けてしまいそう。この黒い石は茨木県の大洗で拾ったものだそうです。石にニスを塗ってそこに字を書き、また何回もニスを塗るんだとか。これは台をつけてもらったので写真だと大きい碑みたいに見えますね。ちっちゃいんです。そうそう、号の悲天は悲しい悲で群馬県の上毛カルタにある「白衣観音慈悲の御手」の慈悲の悲でしょうか。畑友と「あの人はいい趣味を見つけたね。」なんて言っています。
<< 802)シロナメツムタケ キナ... 800)今日の畑。 >>