924)おやきです。

採って置いたナスが干しナスになりそうなのでおやきにしましょう。おやきといっても本格的ではありません。なんちゃっておやきです。


b0029010_1124063.jpgこれは完成品です。


b0029010_1131916.jpg材料はいただいた食パンにホットケーキの粉を適当に入れて皮にします。ナスは炒めて味噌味にしました。長ネギ、ひき肉と炒めてお砂糖適当、味噌も適当。味を見ながら煮詰めます。


b0029010_1192927.jpg掌で皮を伸ばし具を包んで、


b0029010_11101220.jpgうすく油を塗ったホットプレートに並べて蓋をして焼き、焼き色が付いたら裏返して焼きます。


b0029010_1113744.jpg両側に焼き色が付いたらお湯を入れて蒸し焼きにします。包むのも焼くのも餃子と同じです。具ももう出来上がっているし、皮はパンですからふっくらと焼きあがったら完成です。(完成品は一枚目の写真)


b0029010_11175240.jpgザルなどに上げて置いて冷めて来たらラップで包んでおきましょう。冷凍して置いてレンジでチンすると出来立てになります。昔はホットプレートで焼かずに蒸していました。具は野菜を炒めたものが多いのですが野沢菜が有名です。私は餃子の具を入れて肉まんみたいに作ることもあります。要するにその辺に余っているものを何でも使えるのがおやきの便利なところでしょうね。
おやきで有名な北信の小川村は長野市にも上田にも近いので真田十勇士(架空)も食べたかも。昔は戦争の時の兵糧だったかもしれませんね。私も若かりし頃、登山の時におやつに持って行ったことがありました。


b0029010_11304916.jpgナスもまだ畑にありますが夏のように漬けて食べようとか思わなくなりました。季節が冬野菜に変わったのですね。干しているねずみ大根もそろそろ漬けてもよさそうです。
[PR]
by mikeblog | 2018-12-08 11:33 | Comments(10)
Commented by sakko at 2018-12-08 23:54 x
今夜は随分冷え込んで来ました。
温かいお焼き、美味しそうです。
お焼きの皮は食パンとホットケーキミックスに
水を少し入れてこねるのですか。
中の具は味噌炒めが良いのですね。
ネズミ大根、可愛いですね。
急に寒くなって、やっと12月の寒さですね
Commented by mikeblog at 2018-12-10 00:10
>sakkoさんこんばんは。
ここ幾日かですっかり冬になりましたね。風がとても冷たいです。
おやきは作り方も焼き方もいろいろでこれと決まったものはありません。検索してみると具も私が使ったことがないものばかりでびっくりです。昔はナス丸ごとなんていうのもありましたよ(笑)シュウマイとかコロッケとかの市販品や残ったカレーとか豚キムチとかもおいしそうです。
正統派の皮の作り方は小麦粉ですがパンだってできます(笑)だからなんちゃっておやきですね。
今年のねずみ大根は畑の引っ越しがあって今までの畑に作ったのですがあまり面倒を見なかったので変な形のがたくさんできました(笑)で、今日やっと漬け込みました。
Commented by buribushi at 2018-12-10 20:36
焼いてから蒸すのが本物でしょうね、「お焼き」ですもんね。
漬け菜を塩出しして炒めたの、切り干し大根の煮たの、何でもいいんでしょう、越後にはきんぴら団子(米の粉の団子に人参と牛蒡のきんぴらが入った)があるけど美味しいですよ。
この間の栄村のお焼きを冷凍してあって、ときたま解凍して蒸かして食べます。野沢菜お焼き、と言っていたけど、切り干し大根も混じっていました。
そうだ、こんどきんぴらお焼きを作って見ましょう。材料は細かく刻んで、炒めたらよく煮て。
Commented by mikeblog at 2018-12-10 22:34
> buribushi さんこんばんは。
昔は雨の日などにたくさん作って置いて野良仕事の間食にしたのでしょうね。基本的には野沢菜の漬かり浸みたのを細かく切って炒めて具にするのが普通でした。子供にはそんなに人気がなかったかも。他に小麦粉に野菜を混ぜてホットケーキの巨大な形のを焼いたりしました。これは食べる時に切り分けて温め直して食べました。ネギ味噌(長ネギの刻んだのにお砂糖と味噌を混ぜて)で食べたりしましたからお餅と同じでしたね。自分で作ればタダみたいなおやきも買うといいお値段ですよね。きんぴら団子も検索してみるとお店でも売っているんだそうでまるでお餅なのに中身がきんぴらごぼうというのがおもしろいですね。
Commented by stonehisasi at 2018-12-11 08:56
信州の上田でおやきを食べたことがあります、美味しかったです。確か具はナスだったように覚えています。
自分で作ってみたいですが無理でしょうね。
明日は当地の年の市(ジュウニンチマチ)です。菊の苗を買うつもりです。
今朝は寒かったです、
Commented by mikeblog at 2018-12-11 23:10
> stonehisasi さんこんばんは。
今朝は寒くて畑に行って見たらジャガイモの地上部やインゲンの蔓がが黒く枯れていました。大霜が来たのですね。夜は雪になるかもしれないという天気予報なのでジャガイモを掘ってしまうことにしました。ニシユタカとアンデスレッドを1kgづつ植えたのですがニシユタカは大きいジャガイモなので数は同じでも収量は多い感じでした。その後夕方から雨になったので明日の朝起きてみたら雪、なんてことになりませんように。
おやきは簡単なのでQ左衛門さんはできると思います。
12月12日のおまつりですね。お天気が良くなるといいですね。
Commented by shogame2 at 2018-12-12 05:45
おやきは子供の頃母がたまに作ってくれました。
あの頃は普通にホットケーキの方が好きでしたが
私が食が細かったので母も色々と考えたのでしょうね。
確か挽肉みたいなのも入っていたような。
母のもなんちゃってだったかも。
急に寒くなったのはビックリでしたが
畑の野菜はようやく巨大化が落ち着いてきたかもと。
でもウチも白菜はひとかかえくらいになってしまって
冷蔵庫にも入らず北側のベランダに置いてあります・涙
Commented by mikeblog at 2018-12-12 23:17
> shogame2 さんこんばんは。
おやきはもともとがなんちゃってのような気がします。具を餃子の具にしたら肉まんですね(笑)
昨日は寒い一日でしたね。霜も降りたくらいですからー。今朝は
雪が積もっていなかったのでホッとしましたよ。今まで元気だったナス科のみなさんは(トマト、ジャガイモ、ピーマン)霜で真っ黒け。
白菜は巨大になっていて採ってもなかなか使い切れないかもしれませんね。
Commented by t-haruno at 2018-12-14 14:35
ミケさんのブログに「お焼き」が登場する季節になりましたね。
「お焼き」だから、七輪とか火鉢の網の上で
ただ焼けばいいのかと思っていましたが
仕上げに蒸すんですか。
なるほど、
蒸した方が、皮が柔らかく、かつ、もっちりするでしょうね。
中身は、おかずの残りでも何でも良い
というおおらかさが、また良いな。
家で作った場合、
おむすびと同じで、食べるまで中身がわからない
というのが楽しいです。
子ども会の行事で、中身色々のお焼きを出したら、子供達、選ぶのに必死になるでしょうねー。うふふ。
Commented by mikeblog at 2018-12-14 23:36
> t-haruno さんこんばんは。
やっぱりおやきといったら熱いのがおいしいので冬でしょうか。作って冷凍して置くといつでもレンジでチンして食べられるのもいいですね。昔はレンジなど無かったので蒸し器で暖めたり囲炉裏の灰に入れて焼き直したりしたそうです。火鉢やストーブや暖めるのはいろいろです。灰に入れて焼けたら灰をパンパン叩いて落としたんだって。今はレンジがあるので簡単ですね。カレーが残ったら入れればカレーパンじゃなくてカレーおやきが出来ますね。
今日は風がすごく寒くて畑仕事も完全武装で行きました。年末までの畑もだんだん後片付けが出来ていますが、使っていた支柱がたくさんでびっくりです。
923)白菜を束ねました。 >>