<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

909)秋の気配。

台風20号が少し雨を降らせて行ってくれました。本当は一週間に一度くらいはしっかりした雨が欲しいのですが、畑はまだまだ乾き気味です。それでも折角の雨でしたから肥料も入れて置いたことだし、慌てて大根の種蒔きをしました。漬物用のねずみ大根と、普通に食べるおおくら大根です。


b0029010_945329.jpg大きくなり過ぎたキュウリを売っていたので真ん中の種を取り除いて干しています。キュウリで奈良漬けを作ろうかとー。


b0029010_9481460.jpgこちらはナス。ナスと言えば大きくなったナスでかば焼きを作るというのが仲間内でブームです。鰻のかば焼きに似せて出しているお店もあるようですが、いくらかば焼きのタレで焼いてもしょせんナスはナスです。


b0029010_9591581.jpg 庭の無花果が採れます。洗ってそのまま食べていますがお隣のご主人はジャムに凝っていて皮を取り除いて(もったいない!)きれいなジャムを作ります。今年もいただきました。ありがとうございます。


b0029010_10191387.jpgおとなりのご主人作のいちじくジャム。プロ並みです。


b0029010_10411684.jpgJUN「僕の食べられないものばかりだね。」「今年は秋刀魚が獲れてると言うから、そのうちに分けてあげるからね。」


[PR]
by mikeblog | 2018-08-25 10:14 | Comments(10)

908)キュウリの工作。

16日に雨が少し降った後、急に涼しくなりました。夜は網戸にして置くと寒いくらいです。今からこんなに気温が下がってどうするの、という感じです。今年の天気の極端なこと! 今まで暑くて大変だった分、居ながらにして避暑地の気分です。


切ると星形やハート型になるキュウリを作りましょう。


b0029010_13519100.jpg


b0029010_13465747.jpgまだ小さいキュウリを型に入れて置くとできます。型はJAで買いました。


b0029010_13515270.jpg冷やしラーメンに乗せてみたり、そうめんに飾ったりです。そう言えばスイカは丸くて置くのに場所を取るというので、西瓜の小さいのを四角な箱に入れて四角に作り、積み上げて置く、というのを聞いたことがありますがまだ見た事はありません。


大根を蒔くのはお盆過ぎ雨が降ってから、なんて言っていたのですが、雨も降ったしお盆も過ぎたしいよいよ取り掛からないといけません。まずは蒔く場所に灰でも撒いておきましょうか。
いつ? そのうち。



[PR]
by mikeblog | 2018-08-18 14:08 | Comments(8)

907)緑がいっぱいの畑。

外から見ると向こうが見えないくらいいろいろな野菜や草で埋め尽くされているウチの畑です。


b0029010_0114623.jpg土手から見るとホウキグサやあかまんまなど食べられないものも大きく育っています。これは来年も種がこぼれて生えてきますね。


b0029010_0141484.jpgエビス草も種がたくさんできています。


b0029010_0152055.jpg人類を救う未来の野菜アマランサスは採っても採ってもどんどん出て来てキリがありません。


b0029010_0185554.jpg花オクラは花が大きくてきれいですね。食べるならこれからです。
とにかく雨が無くても丈夫なこれらの半野菜達が畑にいっぱいに生えています。秋野菜の準備も、まず大根を蒔くところを何とか確保しないといけません。いよいよ断捨離開始ですね。




[PR]
by mikeblog | 2018-08-15 00:27 | Comments(9)

906)スベリヒユは野菜。

猛暑だったり台風が来たり急に気温が下がったりと不安定な天気ですが野菜はお構いなしに育っています。最近では天候不順で野菜が高騰などと言っていますが、形が悪くても自家製の野菜が採れるのはありがたいことです。


b0029010_20553421.jpgいつもは雑草として抜かれてしまうスベリヒユですがあまりに大きく育ったので食べてみることにしました。こうなればもはや野菜ですね。先日は茹でて酢味噌和えにしたのですが今回はそのままおしたしで食べました。少し酸味とヌメリがあって普通に食べられます。が、さすがに直売所でも売っていません。


b0029010_22341135.jpg(スベリヒユのキムチ)  茹でて切ったスベリヒユにキュウリ、人参を細く切って塩で絞って足し、砂糖適量とキムチの素で和えただけですがスベリヒユに酸味があっておいしく食べられました。スベリヒユの食べ方は検索すると随分たくさん出てきます。これはもう野菜の仲間ですね。


b0029010_2104895.jpgきれいにまっすぐなユウガオ。雨が降ると急に成長します。毎日ナスと一緒にお味噌汁にしています。他には青みにモロヘイヤなど入れます。たまに干ぴょうも作ります。


b0029010_212294.jpg白いゴーヤ。種を採って作っていると年々緑がかってきます。交配するのですね。これも少し緑です。


b0029010_2153024.jpgコリンキーだったらいいのですがこれも交配してしまったのかも。正しいコリンキーを直売所で買って種を採って置きましょう。


ハブ草に種の莢ができ始めました。花オクラも咲いています。アマランサスも花が咲き始めました。あと一週間でお盆です。秋らしくなるのももうすぐですね。



[PR]
by mikeblog | 2018-08-07 21:11 | Comments(6)

905)五ーちゃん大往生。

ずっと17年間一緒に過ごしてきた五ーちゃんが8月3日にあの世に逝きました。もともとは近くの公園に捨てられていた生まれたばかりの猫で、六月(ろくちゃんと)と一緒に拾ってきて家族になったのですが、六ちゃんは4,5年居て居なくなってしまい、その後は五ーちゃんだけで頑張っていました。6歳くらいから腎臓が悪かったのですがソレ用のエサとか健康診断で何事も無く暮らしていましたがここにきて7月初めから体調が悪く暑さもあって外出はさせず家の中で過ごしていました。ずっと前に居た夏子♀(なっちゃん)も同じような症状だったのですがなっちゃんはがんばって18歳まで生きましたので、五ーちゃんも頑張れと言っていたのですが違うのは五ーちゃんは♂でした。実家で一緒に居た猫もじゅんといって♀で21歳まで生きたおばあちゃん猫で体が大きく近所のボスでした。女性は強し、です。じゅんも六ちゃんも今のJUNもみんなそっくりな猫でJUNがどこかから来た時は居なくなった六ちゃんが帰って来たような気がしたものです。「よかったね、六ちゃんが帰って来たよ。仲良くしなさい。」と言ったのですが五-ちゃんは「違うよ、これは六ちゃんじゃないよ。」と威嚇していたのです。が、最近は2匹で側で寝ていたりして五ーちゃんも認めていたようです。死んだときは夕飯前でみんなが家に居たしJUNも帰って来ていたので、なんというか家族孝行なことで留守の時でなくてよかったです。変な話、ホッとしました。ペットが寝たきりで居るのは心配だし家も空けられません。暑いのでクーラーを掛けて置いて慌てて帰って来たり大変です。本当に大往生で私に抱っこされて逝った幸せな五ーちゃんでした。ネットで皆さんにコメントをいただいたりして五ーちゃんほんとによかったね。みなさま本当にありがとうございました。これからも猫話は続きますがどうぞよろしくお願いします。みなさまのところのかわいいワンちゃんネコちゃんが毎日元気で過ごせますようお祈りいたします。


b0029010_10462576.jpg10歳くらいの五ーちゃん。ずっと前からケータイの待ち受けになっています。


b0029010_10552433.jpg五ーちゃんの魅力はなんといっても太くて長い尻尾です。尻尾だけでなく体重もずっと6kgを維持していた大猫でした。私も尻尾が欲しいな。


b0029010_11135649.jpg庭に作った昼寝用の台で寝ていたこともあったっけ。また作ってあげたらJUNも寝てくれるかな。


[PR]
by mikeblog | 2018-08-05 10:57 | Comments(12)

904)JUN、狩りをする。

今日も朝からむし暑い快晴です。午前中は畑に行って台風の後の様子を見ながら収穫をしました。ミニトマトもアイコはまだいいのですが他のトマトは雨で実割れがしています。トマトは畑友のワンコが食べてくれるのですが実割れが多く食べきれません。雨もしっかり降って土の色が違います。


b0029010_0153154.jpgお昼に家に帰るとJUNの鳴き声がして帰ってきた様子。ちょっと鳴き声が違うと思ったらスズメを銜えていました。捕ったの、すごいねJUN、なんて飼い主も喜んでいたらゴン太が早速出てきました。スズメを挟んでしばし休憩。


b0029010_0183517.jpg「JUNちゃんスズメ捕ったの、僕にも見せてー。」とでもいうように近づきます。JUNは「やだよー。」という感じで取られまいとウーウーと威嚇。銜えたままお隣の方へ、ゴン太もついて行きます。


その後のお隣さんの話ではあらかた食べてしまったとか。JUNちゃん狩りをしたねー。なんて言って褒めていたら午前中には小さい蛇を捕って(アオダイショウの子供ではないかという話)じゃれていたとか。遊び飽きた頃おとなりのご主人が取り上げて田圃の方に持って行って放して来たという事です。ウチが留守だったのでいつもお世話になっているお隣に見せにいったのかな。お隣の2匹のタマちゃんとマルちゃんも出てきて見たかな。ヘビといっても生き物だから殺したりせずに川の土手とか田んぼの方に放して来ようと話していたのがその通りになったようでよかったです。
JUNは狩りをする猫かもしれない。それともほとんど外にいるので遊びで狩りに目覚めたのかな。
[PR]
by mikeblog | 2018-08-01 00:32 | Comments(10)